モチベーション・マネジメント協会


当協会についてよくある質問サイトマップお問い合わせ 

HOME 試験・講座について 合格者の声 団体受験のご案内
発行書籍
メールマガジンバックナンバー


モチベーション・マネジメント協会からの最新情報 2013年10月版


※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
このメールはモチベーション・マネジメント
協会のメールマガジンにご登録いただいた方に
お送りしています。
お心当たりのない方は、文末のメールアド
レスまで、ご連絡をお願いいたします。
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
こんにちは。
モチベーション・マネジメント協会です。
最新の協会ニュースをお伝えします!
━ 今号のもくじ━━━━━━━━━━━━
1.東京会場の申込締切はあと1週間。
第2回公認モチベーション・マネジャーBasic資格試験

2.受験料のカード決済出来る会社が増えました!
(HP申込画面の注意事項)

3.有効な勉強方法をご紹介!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■―――――――――――――――――――□
東京会場の申込締切はあと1週間です
□――――――――c―――――――――――■
第2回「公認モチベーション・マネジャー」Basic資格認定試験。
最初の東京会場11月10日の申込締切まで、
あっという間にあと1週間になってしまいました。(10月31日〆)
受験票ハガキも順次発送しております。
Basic試験を現在勉強されている方からも、
★目からウロコの内容です
★会社で特に上司に読んで欲しいです
★心理学要素がつまっていて非常におもしろく読みごたえがあります
★学生などの若いうちから知っておきたかった
等と声を頂いております。

今からでもまだ勉強の方は間に合います!
この週末、書店で本を見てからでも、ぜひご検討くださいませ。
下記に勉強方法ポイントの声を引き続きお送りしますので参考にしてくださいね。

<試験日時/会場>
・東京会場  :2013年11月10日(日)芝パークビル(港区芝公園)
・名古屋会場 :2013年11月17日(日)名古屋こども専門学校(名古屋市西区名駅)
・大阪会場  :2013年11月24日(日)大阪医療秘書福祉専門学校 (大阪市淀川区西中島)
・福岡会場  :2013年12月1日(日)福岡こども専門学校 (福岡市博多区博多駅東)
 ( http://www.mm-a.jp/ )より申込みとなっています。
■―――――――――――――――――――□
2.受験料のカード決済会社が増えました
□―――――――――――――――――――■

前回同様、JCB、AMEXに加えVISA、MASTER、DINERSも
使えるようになりました。

また、IE10をご使用の場合、試験の申し込み等がうまく動作しない場合がございます。
(画面が黒くなってしまう現象が発生しております)
お手数ですが別のブラウザを使用するか別の端末からのアクセスをお願いいたします。

■―――――――――――――――――――□
3.直前期!前回合格者の有効な勉強方法
□―――――――――――――――――――■
合格者アンケートより


=勉強方法=
・まずは、1冊通読しました。次に、1冊全てをノートに要約し、その際に穴埋め式で作成しました。そして、その後、そのノートの穴埋めを暗記していくように覚えました。反省点としては、その要約しきれていない部分は全く分かりませんでした。


・例題を繰り返し解きました。


・まだ子供が小さいので、就業後は即帰宅し、帰宅後は家事と育児に追われて勉強ができないため、毎朝1時間早く起きて、早朝を勉強の時間に当てました。休日も早起きをして、ほぼ毎日、欠かすことなく取り組みました。

・テキストを通読した後、1章節ごとにノートにまとめていき、きちんと覚えてから次の章へ進んでいきました。ノートにまとめる際、1ページの3/4に穴抜きの文章、のこりの1/4に穴抜き部分の答えを記入し、1/4の答え部分を隠しても、すらすら答えが書けるようになるまで、繰り返し学習しました。

・以下4点です。1,読むのではなく、日頃の業務に落とし込み解読する2,回数は、読み込みで3回、理解できるまで箇所によっては5回読み込む3,ノートに1章ごとに重要点をまとめ、1章ごとの理解をし、分類毎に全体を把握する4,人名や理論名などは語呂合わせで覚える

・テキストを読む、重要と思われる箇所にアンダーラインを引くということを行っていましたが、繰り返し読んでいても記憶として定着しがたいと感じたため、その箇所を書き写す(パソコンでテキスト入力する)という方法をとったことで記憶の定着〜理解につながったと感じています。

・それぞれの章を理解した上で、全体理解を深める様にしました。各章を図解入りでまとめて、復習に利用しました。

・人名や理論名などを単純に暗記するのではなく、関連づけて覚え、基本的には名称等も暗記よりも内容やケーススタディーを中心に勉強しました。ホームページに掲載されている例題も何度も解きました。

・単語や考え方は、自分の身近な事例に置き換えたりや、語呂合わせで覚えやすくなるよう工夫しました。
(例:「このリーダーシップは周りの人で言うと、あの人に当てはまるなぁ」と思い浮かべながら覚える。)

・特別な語句だけを覚えるのではなく、テキスト内に書いてあることは全て頭に入れるよう勉強しました。

・隙間時間を活用することももちろんですが、30分だけでも、ある程度まとまった時間をとって勉強することによって、体系的に学習するように心がけました。

・人物名が中々覚えられなかったので、テスト前は人物名を重点的に勉強しました。

・複雑な内容の単元は、図にすることによって、視覚的なイメージから覚えるようにしていました。印象に残るので、単語としてそのまま暗記するよりも身になった気がします。

・各章毎の全体をつかみそのあとで細部に入り込む。
しっかりと日常におきかえて、具体化することで「理解」につとめることが重要
とにかく難解な7章を工夫して読解しました!

・歴史的な背景を捉えながら勉強していた。

・実際の職場でのイメージをしながら、使えるようにインプットしました。
日々学んだことと、それをアウトプットすることを意識したことです。
教科書の内容が素晴らしかったので、しっかり読み込むだけで良かった。


・文章ばかりのテキストだけでは分かりづらいので、文字と図におこして学習。
日頃の自分の業務と照らして、活用するイメージしながら読みました。
丸暗記ではなく、しっかり腹落ちさせながら何度も読み込みました。

・体系的に理解するようにしました。
実際にモチベーションマネジメントは経営に使えなければ意味がありません。理論を学びながら、自分自身や会社にどのように活かすかというアウトプットを意識して勉強することで、ただの暗記ではなく、自分にとって必要なナレッジとして取得できたことが、合格に繋がったのだと思います。
所属部署スタッフへの知識共有ツールとして、PPT資料作成をしているうちに自然とコンテンツ理解が出いた点。

・会社で起きている実際の問題と照らし合わせながら楽しく覚えました。
人物名はゴロをつくって覚えやすく。あとは鉄板ですが、計画的に進めることです。
なんども熟読その後は自分なりにポイントまとめ

・いきなり暗記せず、フレームの理解から着手したこと特にモチベーションのとらえ方に関する理論については、大まかな変遷と各思想のコンセプトを把握してからディティールを埋めるようにしました。
実務におきかえて「自分はどうか」という文脈で解釈をしました


・勉強はコツコツおこないました。テキストが分かりやすく整理されていたので、記憶しやすかったです。

・楽しみながら向き合うことです。

・協会のホームページに記載のある出題例を参考に勉強しました。各章の学びのチェックがまとまっているのでまずはそこで理解できているか、覚えているかのチェックをしました。
現在の業務で想定される場面や部下との関わり方に紐づけて覚えました。


・意味を理解せず、言葉だけを暗記して資格を取得しても実践に役立たないと考えたため、わからないことがあればインターネット等で情報を検索し、本質的な理解をするように心がけました。

・本に書いてある内容を自分や会社の場面を思い浮かべながら勉強したことです。自分のモチベーションの特性を確認することにもなりました
太字の部分を中心に勉強を進めました。

・テキストを何度も読み返し、特に、動機形成のプロセスを体系化するための実験などをどのようにしていたのかを想像しながら、覚えるというより理解できるように読み進めていきました。

・協会HPの例題を参考にした。

ご協力いただいた皆様、お忙しい中ありがとうございました。
〜合格者の声(抜粋)はコチラ〜
http://mm-a.jp/html/page29.html



■――――――――――――――――――□
3.編集後記
□――――――――――――――――――■
最後までお読み頂きありがとうございました。
各地、試験申込締切まであとわずかとなってきております。
申込された方も頑張ってくださいね。
引き続き宜しくお願いいたします。


メルマガに関して皆様のご意見やご質問
お待ちしております。
○○を知りたい!この内容を取り上げてほしい!、
私はこんな方法でモチベーション上げてます!
などなんでも結構です。
皆様からのご意見、ご質問を参考にして、
よりよいメルマガにしていきたいと思って
おります。
なお、いただいたご意見やご質問はメルマガ
にて取り上げさせていただく場合があります。
お待ちしております。
◆ご意見、ご質問はこちらから
(motivation@mm-a.jp)
◆登録情報変更、配信停止
(https://www.makeshop.jp/ssl/popup_mailmagazine.html?db=motivation2&mode=cancel)
-・-・-・-・-・-・-・-・-
発行: 一般社団法人
    モチベーション・マネジメント協会
住所:〒120-0023 東京都足立区千住曙町34-12
TEL : 03-5284-3662
FAX : 03-5284-1328
※お電話の受付時間は
  平日10:00〜17:00となります
URL : http://www.mm-a.jp/
facebook: http://www/.facebook.com/MotivationManagementAssociation
-・-・-・-・-・-・-・-・-
※本メールマガジンの記事について、無断転載および転送はご遠慮ください。



インデックスに戻る
 

 
キャンペーン
モチベーション行動学部のご案内

パンフレットダウンロード(pdf)
団体受験のご案内
実践 モチベーション・マネジメント
メルマガ登録
バックナンバーはこちら
HRアワード2014優秀賞受賞!

個人情報保護ポリシー特定商取引法に基づく表記

HOME
当協会について
発行書籍

パンフレットダウンロード

資格取得をお考えの方

Advanced資格
認定コース(23理論講座)

講座実施要項
講座の申し込み
講座予約システム

Advanced資格
試験コース(4理論講座)

講座・試験実施要項
講座・試験の申し込み
例題と解説
合格者の声
講座受講生の声
再受験のご案内



Basic資格

試験実施要項
試験の申し込み
例題と解説
合格者の声

団体受験のご案内
受験・受講のご案内
企業導入事例

よくある質問
お問い合わせ

メールマガジン登録
メールマガジン バックナンバー

Copyright©2017 Motivation Management Association. All rights reserved.